テニス肘をキチンと理解することが重要

★テニス肘とは?
正式には、上腕骨外上顆炎と言います。
腕の外側の筋肉や腱が炎症による痛みで、いわゆるテニス肘は腱鞘炎です。

 

病名はテニス肘ですが、テニスをしているかは関係ありません。
テニスをしていなくても、病院で診察を受けてテニス肘と診断される事があります。

 

使い過ぎが原因なので、例えばパソコンやスマホの使い過ぎでもなる事があります。
スポーツが原因とは限らないんですね。

 

治療としては、使い過ぎが原因なので、腕を休める事が一番です。
でも、家事をしたり、様々な理由で休められない事が多いと思います。
その場合は、湿布したり、サポーターをする事で、症状が緩和されます。

 

なので、テニス肘は、肘の軟骨成分の磨り減りが原因では無いと言えます。
この場合でも、北国の恵みは効果があるのでしょうか?
お客様センターに電話をしてみました。

 

『肘の痛み、テニス肘にも効果がありますか?』

 

返答は…
『テニス肘の痺れは、原因が他にあるので、あまり効果は期待出来ません。北国の恵みは、軟骨成分の磨り減りが原因の場合に有効なんです』

申し訳なさそうに言われました。
残念ながら、あまり効果は期待出来ないようですね。

 

ただ、肘の関節の軟骨成分が磨り減った事が原因の肘の痛みなら、効果が期待出来るそうです。
例えば、変形性肘関節症などの場合には、効果が期待出来そうです。

 

肘の痛みに関しては、その原因が軟骨成分の磨り減りならば効果有り、別な原因ならば効果無しという事です。
それは他の部位にも当てはまります。

 

現在膝が痛くて、肘は痛くない場合、膝の治療+肘の予防になります。
備えあれば憂い無しです。

 

↑  ↑  ↑

北国の恵み公式サイト

 

北国の恵み公式通販のお試しモニターで関節痛に効果を実感へ戻る